業務内容

業務内容

「遺言」
【毎月15日は遺言の日】を提唱しています。遺言の有り難さが分かるのは遺言者が亡くなられた後です。亡くなられた後に遺言が無くて苦しむのは、残された家族になります。書こう書こうと思いながら重い腰が上がらない場合が多く見受けられます。「遺言を書いていただくきっかけをご提供させていただきたい」そう願い、【毎月15日は遺言の日】の啓もう活動をさせていただいております。「何を」「どう遺すか」相談者様の「想い」にどこまでも寄り添います。この世に残す最後の意思表示が安全に、確実に、想いのとおりに実現されるよう全力でサポートさせていただきます。

「相続」
相続は誰にでも発生します。お金持ちだけのお話ではありません。そして人が亡くなれば誰が相続人なのかを特定する必要があります。遺言があるかどうかを確認し、故人のプラスの財産とマイナスの財産をリストアップします。そして相続をするのか放棄するのかを判断します。(相続放棄は、相続が開始したことを知ってから3ヶ月以内に限られます)遺言書がなければ、遺産分割協議書を作成する必要があります。当事務所では遺産分割協議書作成までをサポートさせていただきます。その後の登記手続きは提携の司法書士事務所にお繋げいたします。その他、税理士、土地家屋調査士など必要に応じてワンストップでご紹介させていただきます。

「在留資格」
一般の許認可の場合、要件を満たせば原則、許認可が下ります。一方、在留資格の認定・更新・変更については外国人が日本に在留して価値をもたらすのか、リスクはないのかを書類だけで判断することになります。そのため入国管理局は裁量を行使します。吉村行政書士事務所では、入国管理局の担当者の立場に思いを馳せて、適切な文章表現で、許可の可能性が最大になるようサポートさせていただきます。

吉村行政書士事務所
行政書士 吉村猛
〒540-0012
大阪市中央区谷町2丁目2-20大手前類第一ビル7F
TEL/FAX 06-6755-4202 Mobile 080-5342-3648
営業日:月~金
休業日:土・日・祝
営業時間:9:00~18:00